立ち止まって水を飲む

創作 メンタル 猫 心情記 他 などをおりまぜて

小説あらすじ

そのランナーとその男3 完結

とうとう、当日の朝がきた。今回の大会は大分国際マラソンの9月。相当暑い。 それも、二人の地元で{その男}の家の前を、ランナーたちが 通り過ぎて行く。小さい頃から、人が少ない沿道をさがして 応援していた。 そのランナーは前日は眠れなかった。無理…

そのランナーとその男2 フィクション

エントリーを決めてから、約一年間。久しぶりに練習を再開した。体は重く、なまりきっていた。初めは、ジョギングから再開して そのうち、自分でメニューを作り、1人で練習をこなしていった。 3か月を過ぎたころ、幼馴染{その男}からメールがきた。 「協…

そのランナーとその男 フィクション

あるマラソンランナーを通じて、ある男のストーリーを考えてみた。 そのランナーは5年前にトップ7にはいる実力者。今ではみんな、そのランナーを忘れていた。本人は奮起をして、国際マラソンにエントリーをした。 過去の精悍な顔つきは失っている。そもそ…