立ち止まって水を飲む

創作 メンタル 猫 心情記 他 などをおりまぜて

カウンセリングの日 あとで酒

 

月1回のカウンセリングに行ってきた。

2回以上は無理。

 

会話らしい会話は、最近していないので、出来るだけ吐き出そうと毎回思う。

 

受付に行く前、1階のトイレの個室に入る。

 

深呼吸する    トイレで

言い聞かす    独り言で

 

「たいしたことない」   「楽しもう」

 

「オホンッ」強めのせきで緊張を追い出す。

 

ここに来るとしているこのようなルーティーンをして

2階の受付にいく。

 

受付を済ますとイスに座り待つ。

 

相変わらず、待つということは軽くドキドキする。

 

そのうち担当者が現れ個室に道される。

 

面等向かって座る。

 

「苦手」だ。

 

平静を装う 昔からだ

 

 

 

なかなか相手の目を見てしゃべるのは スムーズにいかない。

 

そんなはがゆさを包み隠しながらカウンセリングが始まる。

 

担当者の方はよく話をうなずいて聞いてくれる。 

 

アドバイスもやさしく、今の自分に多々しみる。

 

約30分の会話が終わり、吐き出した部分が浄化され個室を出る。

 

駐輪場で待っていたmy  bicycle。

 

「フー」と長い息を吐きサドルにのり、ペダルを漕ぐ。

 

途中で買い出しのためスーパーによった。

 

もちろん、酒とつまみだ

 

 

今日呑まないでいつ呑む

 

ほろ酔いにさせてもらう

 

そう、酒に寄り添うんだ

酒もまた寄り添ってくれるから

 

 

f:id:norasiro:20170605142155p:plain

 また・・・・