立ち止まって水を飲む

創作 メンタル 猫 心情記 他 などをおりまぜて

拝啓ばあちゃん 法事の席・・・

法事の席はほとんど苦手。

 

ほとんどしゃべれない。もちろん、人前でしゃべるキャラでもない。ほとんど、目のやり場に困りながら過ごした。でも、少しは、開き直っていたつもり。

 

もどかしさを感じ、下を向きひたすら弁当を食う。

 

心情がばれないように、間をあけず、弁当をたべ、小瓶の日本酒をやっつけた。

 

しあわせそうな家族の輪にはなかなか入れない。自分だけ場違いはなはなだしい。自分に話をいとこがふってくれても続かない。わるいな・・・

 

いとこの子どもたちは3人いたけど、変だなと思ったんだろうな。いい年して、独身は自分だけ・・・

 

だから、行きたくなかった。みじめ感と恥をさらしに行ったようなもの。おじの手前に行ったけど・・・

 

帰ってきて、1人部屋で自己嫌悪。

 

みじめさを感じたそがれた。

 

こんな時は横になる。

 

そっと、午後寝をした。

 

拝啓ばあちゃん

 

「あの日の一言、僕にください」

 

じゃあ・・・・