立ち止まって水を飲む

創作 メンタル 猫 心情記 他 などをおりまぜて

クリニックへ行った

歩いて15分の所にあるメンタルクリニックへ行った。今月は月1回だったので、1か月ぶり。

f:id:norasiro:20170822133558j:plain

 

午後3時の予約。クリニックへ近づくにつれ心拍数があがる。それを自分自身がごまかし、平静ぶる。

 

入口の自動ドアが開く。あたりを目だけで見まわす。先客二人。

もちろん、一番後ろの端の席に陣取った。

 

少し経ったころから、腹が痛くなった。昨日の、持ち帰りやきとりだ!と、とっさに思う。

生焼きが少しあったのは事実。それにしても、朝、便で出したろ。緊張をともなうと、腸は敏感に反応しちゃうんだな。自分と同じだ。いや、腸は自分だ。

 

こらえきれなくもないのでそのままにしておいたら

先生に呼ばれ、顔を見るなり第一声が「いつもに比べて顔色がよくないですね」と。

自分は「下痢気味なもので・・・」

「水分をたくさんとって、全部出したほうがいいですよ」と。

「はい。わかりました」とはいったものの、全部が出ない。残っている。

 

「整腸剤を足しときます」と。事務的なやりとりが少し続いてクリニックを後にした。

 

次回は一か月後の予定。同じような感じが続くだろう。

 

f:id:norasiro:20170712010706p:plain

たてに歩けず  もどかしい  カニの気持ちがわかるかい。{7.5.7.5}

 

あしからず・・・

では・・・