立ち止まって水を飲む

創作 メンタル 猫 心情記 他 などをおりまぜて

メンタル雑記

加藤 諦三先生は著書でこう言っている。

「生きることに疲れたあなたは、いま頑張ることで物事を解決しようとしてはいけない。休むことで解決しようとすることである。だから、もう何もできなくなって休んでいるあなたはそれでいい。間違ってはいない。」

 

「生きることに疲れた人は長い年月の生き方の結果として、疲れたのである。だから、長い年月かけて元気になることを考えることである。」

 

闇を咲かせていた40代。ノートに書き留めてあったものを見返してみた。言葉、詩、川柳などが恥ずかしげにそこにいた。このさい、それらを成仏していただこう。

 

孤独?けっこうだ。不安をガリガリたべてしまうから

孤独を受け入れてしまったから

我を認めてしまったから

今日もガリガリ食ってくよ。

 

うわさは75日まで。

 

今日1日のつかれた体と心を酒は洗いながしてくれる。

 

暗い所で考えるな、明るい所で歩いて考えろ。

 

猫を愛して前世の人を愛す。

 

自分のことはさしおいて、人を責める、あ~はずかし。

 

俺の心はぎっくり腰。

 

今日は死んだ、又、明日生まれ変われ。

 

人から褒められなくても、お前のよさは知っている。

 

踏まれても立ち上がる君にあこがれて。

 

酒をのんで酒にのまれる。

 

不安を飲み干せ!

 

あの木はいつも見ていてくれる。

 

とんぼが飛んで草ゆれた    さかなを食べて海もえた。

 

海をながめて深くもぐった

底にたどりついたら貝になった。

 

犬といっしょにさんぽ道

おまえがいて  おれがいる

猫といっしょにねむる夢

おまえがいて  おれがいる。

 

生きていくのが  下手なのと  にがさ重ねて  ちどり足。

 

よみがえれ  けがした所  直したら。

 

はっきりと  言おうと向かい  あとずさり。

 

このままで  終わるなおまえ  まだいける。

 

月見草  ただひたすらに  闇に咲く。

f:id:norasiro:20170917003709j:plain

 一部を抜粋してみた。だれのためにでもなく自分の苦悩を書きなぐっていた時期のもの。

おそまつさま。

 

以上。このへんで・・・・