立ち止まって水を飲む

創作 メンタル 猫 心情記 他 などをおりまぜて

テレビ「ノーナレ」と「狩野」

テレビウオッチャーである。テレビをよく見る子をテレビっ子と呼ばれた時代からテレビを見続けてきた。いつ頃だろうか、テレビ番組にナレーションが加わり、字幕、BGM,ワイプが加わった。特にナレーションはNHKのドキュメントが得意とするところ。

 

1月8日にNHKで放送された番組がドキュメントでノーナレーションだったらしい。この日に取り上げた取材対象は「北陸の寿司おとこ」。寿司屋を営む夫婦2人を丹念に取材した30分である。

 

字幕スーパーも説明のためには一切用いていない。ただ、効果音楽は付いている。「取材さえ行き届いていれば、ドキュメンタリにナレーションは必要がない」ということだろう。

 

逆に言えば、取材が行き届いていない作品にはナレーションが必要なんだろうな。「取材さえ行き届いていれば、ドキュメンタリにナレーションは必要がない」ということに。

 

「ナレーションが無いと、情報量が少なすぎる」と言う人もいるらしい。わからないではないが、ナレーションがあるとなんか、その場の息づかいや間が通り過ぎてしまう感じがする。

 

この「ノーナレ」番組では効果音楽を使っていたらしいが、出来ればこれも無くしてみたらどうか?現実感とリアリティーが画面からにじみでてくると思うが・・・

 

ちなみにタレント狩野英孝がロケ番組中にライオンにかまれたらしい。ライオンの着ぐるみを着て走っていたところ、雌ライオンが追いかけてきて背中をガブリ。もちろん着ぐるみの部分なんだろうけど・・・なにかと持っている狩野。

f:id:norasiro:20170816090546j:plain

 

1月27日の夜、坂上  忍がMCの番組でやるらしい。本人がツイッターで宣伝してるからオンエアなるんだろう。笑えそうな予感がする。

 

じゃあまた・・・・