立ち止まって水を飲む

創作 メンタル 猫 心情記 他 などをおりまぜて

コウノトリ純愛物語

 

興味深い記事を見つけたので、掻い摘んでみた。

 

 

クロアチア東部、ボスニア・ヘルツェゴビナとの国境沿いに、スラヴォンスキ・ブロッドという町がある。コウノトリのマレナは、この町の郊外で暮らしている。翼を傷めていて、飛ぶことができないのだ。

 

マレナを保護しているのは、71歳になるスティエパン・ヴォーキッチさん。3人の息子はそれぞれ遠くへ巣立ち、妻とは死に別れたため、現在は一人暮らしだ。

 

25年前、まだ幼いマレナは翼に銃弾を受け動けない状態だった。それを発見したヴォーキッチさんはマレナを保護し、甲斐甲斐しく面倒をみている。

 

保護されてから9年がたったころ、飛べないマレナにもつがいの相手ができた。クレペタンと名付けられたそのオスは、脚につけられた追跡システムによると、南アフリカ、ケープタウンの近くの湿地で北半球の冬に当たる時期を過ごしている。

 

彼女を見初めたクレペタンはその愛を貫き、毎春1ヶ月をかけ、14,000km以上の距離を越えてマレナのもとへ帰ってくる。

f:id:norasiro:20180425150525j:plain

 

コウノトリは渡り鳥なのでずっと一緒にいることはできないが、この通い婚は16年も続いているという。愛のあかしで巣立った雛の数は60羽を超えている。

 

自由律俳句

 

この思い続いてくれと   草笑う

 

親に似てきて   あきらめる   朝の雨

 

名もない木  まだできるぞと  風の音

 

雲ってむしあつい  葉っぱよ

 

正体知って  流される覚悟

 

己をさらし  そっと愚をつつむ

 

さまよった風  ゆるすトンボよ

 

おまえのいうこと聞こえない   本心

 

以上。

この辺で・・・・