立ち止まって水を飲む

創作 メンタル 猫 心情記 他 などをおりまぜて

午前様の雑記

「愚か者の道」  中村 うさぎ著から

 

ある時期から、私はきわめて自覚的に「愚か者」として生きるようになった。

 

自由には必ず孤独と痛みが伴うことを体験的に知っている。

 

愛されることが苦痛な「愚か者」は、時に自ら愛を放棄することすらある。

 

「愚か者」はエゴイストである。人間嫌いではないが、人間恐怖者だ。

 

私にとって人生最大の謎は「自分」である。私はずっと「自分探し」と「自己確認」の欲求に身を任せて生きてきた。それは、とりもなおさず自分という謎の解明であったのだ。

 

今では思う。私は自分の正体を知りたかっただけなのだ。

 

エッセイなのか、私小説なのかノンフェクションなのかというジャンル分けにも興味はないし、できれば「ジャンルでくくれな

い」ものを書ければ幸いだとすら思っている。

 

作家だなんて認めていただなくて結構ですよ。とすら言っている

 

 

 

f:id:norasiro:20171028160450p:plain

 

人ごみに   青いためいき   そっとはく

 

誰なのか   輪廻転生   この性分

 

難かくし   冷たい酒で   温める

 

今は亡き   ばあちゃん笑顔   夢の中

 

ずいぶん前のこと

ふとんの上で眠る猫

その重たさがいとおしい

ぼくは起こさないように

そっと寝返りをうった。

 

この辺で・・・・

じゃあまた・・・