立ち止まって水を飲む

創作 メンタル 猫 心情記 他 などをおりまぜて

メンタルクリニックへ行った

月1回のメンタルクリニックへ行ってきた。

 

歩いて30分かけてたどり着くんだけど、入口へ向かう前の緊張感はいつもどおり。今回は採血をするというのでよけいに緊張感が増す。

 

しかし、何で今でも採血はなれないし苦手感があるんだろうか?。しょうがない、一か月前のときに、「そろそろ採血しましょうね」と言われていたんだから。

 

クリニックへ行くまでの一か月間、採血のことばっかり頭に浮かび、自分でつまようじを使い腕の血管を軽くさしてみたり、「大丈夫」「なんてことはない」

と言い聞かせてみたりなんかして・・・どこまで苦手なんだよ・・・

 

そんなこんなで待合室で待つ間はもう開き直っている状態。そして名前を呼ばれる。入口のドアを開けて挨拶をする。イスに座り腕にチューブをまかれる。「今日は何か食べましたか?」と聞かれる。うつろに「コーヒーとヨーグルトを食べました」と答えた。「それどこじやない」と声にはださず心の中でつぶやいた。

 

「ちょっとちくっとしますね~」確かにちくっとした。腕には力が入る。何秒かかったんだろう。「はい、力を抜いてくださ~い」と天使の声。

 

無事採血がおわり「ほっ」として体の力が抜けた感じがしてクリニックをあとにした。こんな日は酒を呑もうとスーパーへ一直線。

 

なぜか、もずく酢がたべたい。

 

ちくわ、れんこんのサラダ、チキンの甘酢煮、とうふ、ひじき、たこぶつ

を買った。これをあてに晩酌とする。

 

採血をよく我慢したことを理由づけにして乾杯しよう!

f:id:norasiro:20171129150447p:plain

 

みなさんも、何かちょっとしたことを理由づけして自分をほめてみない。

少しは気分がよくなると思うから・・・

 

もうすこししたら晩酌の用意をするとするか。

 

ではまた・・・・

この辺で・・・・