立ち止まって水を飲む

創作 メンタル 猫 心情記 他 などをおりまぜて

免疫力あれこれ

今回は免疫力のことをピックアップしてみた。

 

免疫力とは、「疫(病気)を免れる力」のこと。免疫は一度病気にかかったら二度とかからない、あるいは抵抗ができる生体反応。インフルエンザのウイルスや病原菌などの体にとっての異物が体内に侵入すると、体の免疫システムが働き、侵入してきた異物から体を守ってくれる。さらに、体内で発生したがん細胞などにも対応する。つまり、免疫力が低くなると、がんやインフルエンザなどの様々な病気にかかりやすくなってしまう。

 

きのこには、腸の働きを良くする食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれているので免疫力を高めるためにはおすすめの食品。さらに、それだけではなく、きのこに含まれる食物繊維であるβグルカンという成分は、消化吸収されずにそのまま、腸の免疫細胞に作用するので、免疫力を高める効果があると言われている。さらに、がん予防や腸内環境を改善し便秘を解消する効果もある。

 

納豆、みそ、しょうゆ、漬物、ヨーグルトなどの発酵食品には乳酸菌や納豆菌などの善玉菌が多く含まれており、腸内の善玉菌を増やす効果がある。しかし、発酵食品に含まれる乳酸菌やビフィズス菌などの中には、胃の中の過酷な環境で死んでしまい、生きたまま腸に届かないものもある。しかし、生きたまま腸に届かないからと言って、善玉菌を増やす効果がないというわけではない。乳酸菌などの死骸は、腸に届くと腸内の善玉菌の良いエサになり、間接的に善玉菌を増やすことにつながる。

 

にんにくは、アリインというたんばく質が多く含まれていて、アリインが酸素に触れると、アリシンに変化する。アリシンは細胞内に浸透しやすく、酸素と結びつきやすい性質で、細胞膜や遺伝子の代わりに活性酸素に利用されて体外に排出してくれる。にんにくには、こうした抗酸化作用でがん予防や免疫強化作用に優れているので、1日1~2かけほどの適量を取ることをオススメ。

 

バナナは白血球の働きを高めて免疫力を高める。栄養価も高く、消化吸収抜群。便秘を防ぐので腸内環境が整い、がん予防に役立つ。

 

かぼちゃにはβ-カロテンが豊富。β-カロテンは、粘膜などの細胞を強化して免疫力を高める。またβ-カロテンには抗酸化作用もあり、老化やがん予防に効果があるといわれている。かぼちゃはビタミンCやE、葉酸なども含まれており、食物繊維も豊富なので、理想の健康食品といえる。

 

ヨーグルトは腸内の善玉菌を増やして免疫力を高める。ヨーグルトの中に含まれる乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌には血圧上昇抑制やコレステロール値を下げる働きがある。 また、インターフェロンの体内産生を促進するので免疫機能に有効。

 

  • ストレスが多いと免疫力を低下させる
  • 間違ったダイエットは免疫力を低下させる
  • 体温をあげると代謝が高まり免疫力がUP!
  • 睡眠不足は免疫低下の大敵
  • 意外!アスリートは免疫力が落ちやすい
  • 高齢者、乳幼児や妊婦はハイリスクグループ

 

体温が1℃上がると、免疫力は5〜6倍にアップする。しかし、ストレス社会ともいわれる昨今、怒りっぽくなったり、イライラしやすくなる。すると交感神経が優位な状態が長く続くことで、体内で有害物質が増え、さまざまな炎症や病気の原因を作り出してしまう。また、ストレス状態では、血管収縮による血流障害が起こり、体温は下がってしまう悪循環となる。体温と、基礎代謝、免疫力は正比例していることを覚えておこう。

 

f:id:norasiro:20180421142913p:plain

 

ちなみに、2020/03/03【雑誌】女性セブンで免疫力を高める飲み物として緑茶が1位に!
女性セブン(2020年3月5日号)にて、『免疫力を高めてウイルスに克つ』という記事が紹介された。
その中で「免疫力を上げる」飲み物として第一位に緑茶が挙げられ、「30分に1回ほどのちょこちょこ飲みで血液やリンパ液の流れがよくなります」と書かれている。

 

実行してみるとするか。

 

ではこの辺で・・・・

じゃあまた・・・・